メークアップアーティストになりたいけどどうしたらいいの?

 

メークアップアーティストになりたいと夢を持つ人は大勢います。

 

そんな私も過去はそんな一人でした♪

 

高校2年ぐらいになって将来を考えた時にメイクが好きだったので仕事にしてみようと思ってみたけど、専門学校に行けばいいの?それとも就職すればいいの?いざなろうとしてみてもどうすればいいかわからないことばかりでした(´・ω・`)

 

私の場合は、専門学校に問合せをしたり資料請求をしてみたり、学校を訪問してみたりとすごく時間をかけてやるしかなかった時代です。

 

でも今や資料請求なんかは一括でできる時代なのでほんと便利ですよね。

 

これからメイクアップアーティストを目指しているのであれば専門学校に行くにしても通信講座や就職するにしてもしっかりと調べおくことがすごく大切だと思います。

 

なんて言っても自分の将来のことですから真剣に考えないと♪

 

ということで将来、雑誌やTVなどで活躍している芸能人メイクをしたいなど将来メークアップアーティストとてして活躍したいという方にお役立ちできればと思っています。

 


では、まずメイクアップアーティストになる方法って主に2つの方法があることは知っていますか?

メイクアップアーティストになる方法

メイクスクール・専門学校に通う

メークスクール・専門学校に通いメークに必要な基礎知識・技術などを学びます。※昼間・夜間課程の2年、通信課程の3年などスクール・学校によって異なります。

 

通信講座で学びメイクの資格を取得をする

一般的に通信講座からメイクアップアーティストになりたい方は『時間がない方』が選ぶ方法です。仕事をしている社会人や子育て中の主婦の方など「通学する時間的な余裕がないという方に適して勉強方法です。

 

専門学校に通うよりも費用が安かったり時間が調整しやすいので自分のペースで学習できるメリットもありますね。

 

就職《働き》しながら学ぶ

美容サロンやヘアメイク事務所やブライダルサロンなどに就職して技術を学び、働きながら夜間に専門学校へ通う方法という方法もありますが、タマゴを応援してくれるサロンもありますから、スクールを併設しているサロンなどに相談してみるといいでしょう。

 

 

このように美容サロンなどがスクールを経営しているところもあり、メイクアップ学ぶにも色々ありますので、自分に合う方法を探しましょう。

 

メイクアップアーティストは華やかなので、花形職業ですからなりたいと人も多くいますがなによりセンスや技術の修得が大切です。メディアで活躍するような有名なカリスマになるには、たいへんな努力が必要ですよ。

 

テレビの他にもブライダルやコスメショップなどで大勢の人の美しさを引き出す仕事でもセンスと技術というのは大事です。


メイクアップアーティストって?

「メークアップアーティスト」と聞くと、どのようなイメージを抱くでしょうか。

 

メイクアップアーチストとは、俳優や女優、モデルやタレントなど、自分自身を売り物にしている人たちにメイクを施す人のことです。メイク以外にもヘアセットやドレス、着物の着付けを行うことがあり、その仕事内容は多岐にわたります。しかし、仕事の根本にあるものは、『自分が担当する人をいかに美しく魅せるか』ということです。

 

メークアップアーティストは、ヘアメイク専門のプロダクションに所属する人が多いものの、中にはエステサロンや化粧品メーカーに勤務している人、どこにも属さずに独立して「フリーランス」として活動している人など、働き方はさまざまです。そんなメイクアップアーティストですが、女性が多く活躍しているイメージが強いと思いますが、男性のメイクアップアーティストも活躍している世界です。いずれにしても実力があれば活躍できるハズです。

メイクさんにはどんな人が向いているの?

現代では、美容に興味を抱いて仕事にしたいと望んでいる人々が増えてきています。特に、メイクアップアーティストになりたい人は男女ともに多く見られるようになりました。テレビや映画、コンサートなどにおいて、俳優やミュージシャンたちのメイクを担当する人は、さまざまな経験やきめ細やかな心配りが求められます。どのようにメイクしたらテレビ映えのする綺麗な表情を演出できるか、汗や涙でも落ちにくい化粧方法を工夫するなどあらゆる努力を積み重ねているのです。

 

どんな場面でもスピーディーかつ臨機応変に対応できる人は、忙しい芸能界においても非常に重宝される存在といえます。素早く汗を抑えたり、ニキビなどの吹き出物を何も言わなくとも隠してくれるなど細かい部分に気がつく、こんな方が向いているといえます。メイクさんの仕事に強い憧れを抱いている若者も非常に多く、専門学校で知識や高度なスキル学んでから就職活動をしているケースも増えているのです。誰かを美しくしてあげたいという強い気持ちを持って真剣に取り組んでいます。化粧を施すことによって救われたり、心が癒されることもあります。

 

このように、美しいメイクに仕上げることで誰かをバックアップしたいという意欲を持つ人がメイクアップアーティストに向いているのです。技術は経験を重ねるうちに向上していきます。コミュニケーション能力が高い人は相手をリラックスさせてあげることができるため、信頼される存在といえます。

今すぐ資料請求を!

メイクアップアーティストになりたい!まずは資料請求から第一歩を始めよう!あなたの気になる専門学校やスクールが見つかる!


★無料資料はコチラから★